車両管理はキムラユニティーにお任せください。キムラユニティーの車両管理サービス(BPO)であるカーマネジメントサービス(CMS)は、安全・品質・コストの視点で改善を行ない、最適な車両管理体制を構築します。
お問合せ・資料請求フリーダイヤル:0120-777-151
キムラユニティーのカーマネジメントサービス(CMS)でらくらく車両管理。
キムラユニティー会社概要
くるまなび-企業の安全運転風土作りに
優良割引率の引上げ支援サービス
クラウド型車両管理システム「くるまぷり」
車両管理システムで迷ったらキムラユニティー
メルマガの登録・解除はこちら
総務部門専門誌「月刊総務」に掲載されました。

くるまがWEBマガジン

Information
TOP > 優良割引率の引上げとは?

優良割引率の引上げとは?

優良割引率の引上げ支援サービスについて

優良割引率を引上げる為の支援サポートを実施しています。

交通事故ゼロの社会を目指して

安全運転管理は企業が安定経営を目指す上では、避けなければならない「最も重要なリスク」のひとつです。目先の安全活動に捉われることなく社内で取組む活動を継続し、社内の"安全風土を醸成"することが大切となります。

弊社ではその安全風土創りとして、お客様の事故状況の現状を見える化し、"優良割引率の改善"を支援するサービスを提供します。

優良割引率改善に拘ります!

優良割引率の決定要素とは

個人は事故の回数で決定するの優良割引率の決定要素に対し、法人は使った保険金で決まります。

次年度の優良割引率を決定する3つの要素

※複数の保険会社にご契約がある場合、総契約台数や保険料・保険金は合算して計算します。
(ただし共済での契約を除く)

保険料負担増加の流れ

保険料負担増加の流れ

フリート料率の変動による保険料負担額の推移をシミュレーションしました。

フリート料率悪化による保険料負担の推移

優良割引率向上に向けて

YMHサービスとは、お客様の事故状況の現状を見える化し、優良割引率の目標を定め、お客様と共に安全活動計画を立案し、安全活動を実行し、優割目標の達成を支援するサービスです。

優良割引目標支援サービス

主なサービス例
安全運転教育
●管理・監督者研修
●一般社員研修
●新入社員研修
運転適性診断
●運転性格診断
●CRT運転適性検査(警察庁方式)
●視認能力検査
事故者教育
●再発防止カウンセリング
●上司日常管理アドバイス
●再発防止強化研修
実車教習

サポート体制

コールセンターがお客様の特性に合わせて対応をし、DSSが具体的事故事案に基づいた改善プランを構築し、 営業がお客様の安心・安全をお届けする架け橋となり、三位一体の対応でお客様によりそいます。

サポート体制

コールセンター 対応
  • 24時間365日の緊急対応
    ・専門スタッフが待機し、安心をサポートします
  • 安心コール(30分以内に状況報告)
    ・迅速な事故時初期対応で安心&安全のお手伝いをします
  • 現場対応サービス
    ・各社保険会社様との連携でロードサービスと提携しており、さまざまなトラブルに対応します
DSS(ドライバーズ・セーフティー・サービス)対策
  • お客様の事故特性を把握した上で、最適な事故削減案を提案します
    ・事故の問題点を明確化
    ・事故原因の掘下げや対策立案を行います
  • 交通安全風土の醸成を全面的に支援致します
    ・交通ルールの順守、マナー・モラルの向上に向けて支援します
    ・安全運動の動機付けにより、事故再発防止策を提案します
  • 交通事故という社会的リスクを抑え、会社の損失を防ぎます
    ・社内の交通防災活動の活性化にお役立ちします
    ・事故削減キャンペーンの推進に必要な支援を行います

交通事故削減事例

導入プラン

交通安全活動のプランニング

各種交通安全活動をプランニングし、年間スケジュールを策定して活動を実施。定例会の場を設けて、事故の推移や活動の見直しなども実施。


<交通安全活動>
・交通安全セミナー(年2回)
・適性テスト(年1回)
・社内表彰制度の導入(年間)
・定期定例会(年4回)
・無事故100日キャンペーン(年1回)

保険契約の見直し

業務内容と必要性を考慮して、自動車保険の契約内容の見直し。保険コストの推移を把握する為、リース料とは分けて契約するように変更。


<保険契約 変更内容>
・現保険特約を契約から添削
・搭乗者から人身傷害に契約内容を変更
・全車両一括(オールインワン)契約で加入変更
※リース契約に含まれていた保険料を外して、保険料単体でコストを管理するように変更。

導入効果
他社事例 1
A社様 業種:広告代理店
車両台数:520台
拠点数:20拠点
導入時期:平成25年度より導入
導入前の状況導入後の効果
平成24年度の事故は125件(過去3年で1番多い) 平成27年度の事故は69件へ減少
・平成25年度の優良割引率は、メリット27%からデメリット3%へ悪化 ・優良割引率は、平成28年度は17%へ向上
・保険料としては、約5,110万円へ増加
平成24年度より約2,110万円コスト増加
・保険料としては、平成28年度に約2,800万円へ減少 (平成25年度より約2,610万円削減)

保険料と割引率の推移

※優良割引率のマイナスはデメリットを意味します。


他社事例 2
B社様 業種:産業機器製造、販売
車両台数:100台
拠点数:12拠点
導入時期:平成26年度より導入
導入前の状況導入後の効果
・保険料が高い数値のまま、横ばいか悪化している 平成27年度の事故は7件に減少
・平成25年度の優良割引率がデメリットになる ・優良割引率は、平成28年度は38%に向上
・事故率18%が続いている
(標準的な事故率は約1%)
・保険料が、平成27年度に約1,0000万円へ減少
(平成26年度より約500万円削減)

保険料と割引率の推移

※優良割引率のマイナスはデメリットを意味します。

リース料、保険料、燃料代、高速料金などのコスト削減から、交通事故の削減まで、
車両管理でお困り事があれば、お気軽にお問合せ下さい!
フリーダイヤル:0120-777-151  お問合せ・資料請求
PAGE 

TOP